トップ
ページ
信頼される
お助け隊とは?
お助け隊の
工事事例
運営組織
責任会社
相談
問い合わせ
サイトマップ

工事種目:
 瓦、カラーベスト
 コロニアル、スレート材
 金属材料葺き替
 スレート材系屋根の
 復旧工事
 (美観再生工事)
 ガルバニュウム鋼鈑 
 カバー工法
 雨漏り修理・屋根修理
 屋根塗装
 屋根部防水工事
 外壁防水工事
 外壁工事


屋根の葺き替えで関わってはいけない業者

 葺き替え等の工事を頼んでは、いけない業者!

 火災保険を使って、無料で屋根修理をする業者、YahooやGoogleの検索で、”無料屋根修理”と検索すると、ひところより少なくなってはいますが、”無料屋根修理”の会社がでてきます。 火災保険を利用した、屋根修理です。 お題目は「無料で屋根修理。 お客様にとっては実質修理費用を払うことがありません」というもので、火災保険の風災条項に書いてあるように、台風、疾風、強風などで破損した屋根を下りた保険金を使って修理しようというものです。 しかし、実質的に修理費用を払わされています。
何故なら保険金は、お客様のお金だからです。 そして無料屋根修理業者は、お客様のお金である保険金の中から この火災保険の申請に係る手数料(下りた保険金の40%以上の金額)を実質的に持っていきます。 そして保険金の半分では、屋根の修理ができない場合、見積を水増しするか、下請けの工事屋を叩いて安く修理をあげたり、高額な足場を請求して、実際には足場を掛けないで修理をするなど、詐欺まがいのことをして、言わば保険金を詐称するのです。 ひどい例では、屋根に登って屋根を壊し、これを風災の被害として、申請する悪徳業者も出ています。 最悪お客様ご自身も、保険金詐欺罪で逮捕される可能性があり、この手の”無料”で修理という業者には、絶対に関わらないでください。 
火災保険の申請は、ご自身でできますし、難しくありません。 申請のやり方も、保険の代理店か、そのての申請の方法を紹介したWebもありますので、そちらを参考にしたほうが良いです。 
 参考>> http://www.yanekoujimitsumori.com/tate_menu/10_kasaihokenn1.html
  もし自分では、ちょっとという方; 他社のWebで詳しいのは・・・
 「屋根診断申請ドットコム」 http://kasaihokenn.xsrv.jp/ などがまともな業者さんです。

 訪問業者もやめた方が良いです。 大手リフォーム会社でも訪問販売(大きく暴利を貪って)大きくなりました。 お客様から多く頂く相談で、良く聞くことですが、訪問販売の多くは相場の2倍、3倍などは、当たり前。 ひどい例ですと5倍もの見積を出していたところもありました。 100平米の屋根葺き替えで、相場はおよそ100万円なのに、300万円と言われたり、これはいくら素人の方でも、高いのでは?と思ってしまいます。 でも、どのくらい高いのか、どの見積項目が馬鹿高いのか、分からないので、お助け隊に相談の電話が来るのです。 1週間に2、3件は、この手の相談があります。 何故訪問販売は高いのか? 実はリフォーム会社の大半は、下請けの屋根屋に発注して、リフォーム会社では、マージンを取るだけなのです。 訪問販売に来る人間はまず営業で、100%歩合制の営業ですと、1件の注文を取ったらその葺き替え工事金額の30%から50%をこの営業が獲得するのです。 屋根屋に依頼すると、100万円の工事を、300万円で契約したら、例えば100万円は営業、100万円は会社、残りの100万円が実際に施工をした施工業者の分け前です。 こうやって訪問販売の会社は大きくなっていきます。 まず訪問販売の会社は、相場よりかなり高いと思って間違いありません。 屋根屋に直接発注すれば、相場の費用である100万円で葺き替えはできます。 絶対に依頼してはいけないところのひとつです。 

 建築会社、工務店、不動産会社は、社員は、葺き替え、屋根修理はやりません。 全部下請や協力会社が実際の施工を担当します。 訪問販売のように中間マージンは高額ではありませんが、やはり中間マージンが発生します。 建築業界の常識で何か依頼すると、その依頼された中間会社は、口聞きをしただけで手数料といういものを取るのが、当たり前になっています。(一般の方でもなんとなく分かっているようですが・・・) なので、工務店、建築会社、不動産屋、リフォームセンター、ホームセンターなどを通すと、ホームセンターで最低25%、工務店、建築会社、リフォームセンターで30%から50%
ひどい会社は、100%(つまり倍がけ)の手数料が発生します。 ここも依頼してはいけない会社です。

 どこに依頼すれば、適切な費用で葺き替えができるのか?

 直接屋根屋さんに依頼してください。 (瓦は、瓦屋へ、スレート、板金、ガルバリウム鋼板は、瓦専門ではない屋根屋さんに、瓦屋さんは、会社の名前を見れば分かります) これを面倒がらずにやってください。 内装や、大工仕事などたくさんのリフォームがある場合を除き、屋根の単体の葺き替え、修理は、直接屋根屋さんです。 そして、相見積を数件の屋根屋さんから取って見比べてください。 参考に工務店からも取ってみてください。 他の屋根屋より安かったら驚きですが ・ ・ ・
 更に・・・ 屋根葺き替え費用お助け隊へも相見積を依頼して、他の屋根屋と比較して一番良いところを選んでください。 屋根葺き替え費用お助け隊でも、複数の見積が取れます。 お助け隊の他の屋根屋と違うのは; ・ ・ ・ お助け隊が支持され、選ばれるわけとは?

トップページへ


屋根葺き替え時のいろいろな悩み、疑問、わからないこと、やりたいこと
などにお答えします。 屋根葺き替えのことならなんでも分かる、解説できます

Copyright (C) Nobilis Works All rights reserved 「屋根葺き替えお助け隊」